【実践済み】痩せるのに、我慢しない?魔法のダイエット法

Life

 

こんにちは、Saitoです。

 

 

「好きなもの食べたい」


「無理なく、ダイエットしたい」


「今年は、行けなかったけど、来年海とかプール行きたい」

 

 

こんな悩みに、答えます。

 

本記事のテーマ

痩せるのに、我慢しない、ダイエット法解説!

 

✔︎記事の内容

・無理しないダイエット法(食事編)
・無理しないダイエット法(運動編)
・無理しないダイエット法(睡眠編)

 

 

✔︎記事の根拠・信頼性

私自身、過去に、糖質制限、ジムに通う、カロリー制限など、いろいろ試してきた。しかし、全て長く続かず、継続ができなかった。

そんな私が、実際に試してきた中で、「ダイエットは、これだ!」という方法を、今回話していく。

この方法で、10ヶ月で-10kg(1ヶ月-1kgペース)で、無理なく痩せ、現在は、体重をキープしながら、カラダはどんどんシャープになっている。

 

=====

 

これを読めば、あたなも、「ストレスなく痩せて」、自慢できるボディを、実現できるように。好きなものを食べて、カラダも心も、健康的に痩せよう。

 

 

✔︎前提として

「劇的に痩せる魔法はない」ということ。

ストレスないダイエット法として、意識するのは、食事・運動・睡眠のバランス

なぜなら、偏った生活は、結果的に、太ったり、体を壊したり、仕事に集中できなかったり…いろいろな弊害を起こす。

野球で例えるなら、プロ野球選手になりたいのに、素振りばかりやって、キャッチボールはほとんどやらないように。

食事に気をつけても、全く運動しないと、代謝が落ちて、太ったりしてしまう。

正しい食事・運動・睡眠を、バランスよく取り入れることで、正しく痩せられる。

 

 

無理しないダイエット法(食事編)

 

✔︎結論として

1日に「食べない」時間を作る。

どれくらい作るかというと、1日に「16時間」です。つまり、1日8時間、好きに食べていい。

なぜなら、人間のカラダの「オートファジー(自食作用)」という、力を利用するかたち。カラダの中の、ゴミ掃除のような機能。

人間の消化には、10〜12時間かかる。そこで、カラダを空っぽにした後、消化のエネルギーが、脂肪を燃やすエネルギーに、変わる。それが、食べてから16時間後。

「食べない」は、脂肪を燃やす。

 

✔︎カラダにブラック労働させてない?

現代人は、自分のカラダに、負荷をかけすぎかなと。

朝食、昼食、夕食…と、ずっと消化させ続けている。普通に、24時間働かせて、ブラック労働。

先程言ったように、消化には10〜12時間かかる。朝食を7時に食べたら、消化が終わるのは、夜の5〜7時くらい。

もし、昼食を食べると、どうなるか?

カラダの無駄な脂肪は、燃焼されないまま、残る。朝食が消化してないのに、お昼ご飯も、新しく消化しなきゃいけない。

カラダは、ずっと働きっぱなしの、ブラック労働。

 

✔︎具体的には?

朝食を抜くことを、オススメしたい。

口にするのは、水やコーヒー。カロリーのない飲み物のみ。前日の夜7時に食べるとしたら、朝食抜くことで、昼食まで16時間、空けることが可能。

 

「途中でお腹空かない?」

たしかに、やりたては空腹感を、感じるかも。
でもそれは、カラダが、「この人はこの時間食べる」と、覚えてしまっているから。「どうせこの日は、仕事入っちゃうんだよな」と、考える人と同じ。
カラダに、休むことも、覚えさせよう。

 

「頭働かないよ」

食べない方が、むしろ働く。
朝しっかり食べてしまうと、消化にエネルギーを使うので、脳みそまでエネルギーが、行かない。
頭をフル回転させたいなら、朝食抜きは、必須。

 

「それでも、お腹空いたら?」

ナッツ(素焼き)を食べること。
ナッツには、消化を助ける働きあり。また、歯応えもあるので、かなり満足感もあり。

 

ダイエット法(食事編)では、「食べない」時間を、用意しよう。面白いほど、脂肪を燃やしてくれる。

 

 

 

無理しないダイエット法(運動編)

 

✔︎結論として

1日に「30分」動く時間を作る。

運動で、代謝をしっかり上げよう。どれくらいの運動かというと、「30分歩く」とか「20分歩き、10分筋トレ」とかでいい。

運動は、ハードなほど痩せると、思われがち。しかし、「運動=負荷」なので、軽く代謝を上げるくらいでも、効果あり。

ちょっとの運動で、代謝上がれば、16時間断食も、スピードアップへ。

 

✔︎筋肉もつけたいなら

「HIITトレーニング」が、オススメ。その中でも、個人的には、「タバタ式HIIT」がいい。

短く、効率的にできるところが、HIITの醍醐味だ。

 

トレーニング法としては、

 

20秒全力(もも上げなど)

10秒軽く(ジャンプなど)

20秒全力

10秒軽く

1分休憩

これを2セット。5〜6分で終わるが、代謝上げ、若返り、1日の活力を上げる。

 

ダイエット法(運動編)では、「30分」動いて、賢く痩せよう。

 

 

無理しないダイエット法(睡眠編)

 

✔︎結論として

1日に「7時間以上」寝る時間を作る。

「え?なんで睡眠?」と、思った方も、いるはず。睡眠が、重要なのは、「眠る=痩せる」でなく、「眠らない=太る」ことにある。

睡眠不足は、どういった怖さがあるのか?

それは、ホルモン異常を起こすこと。満腹を感じさせる「レプチン」の分泌が減って、空腹を感じさせる「グレリン」が増える。つまり、腹は減るけど、腹一杯にならない。常に、食べたい欲に、侵される。よくオール明けの朝に、ラーメンを食べたくなるのは、そのせいである。

余計に食べないために、1日7時間以上、絶対に寝よう。

 

 

まとめ

痩せるのに、我慢しない、ダイエット法としては、

・1日に「食べない」時間を作る
・1日に「30分」動く時間を作る
・1日に「7時間以上」寝る時間を作る

朝食抜いて、30分歩いて、夜はしっかり寝れば、半年〜1年後、鏡の前に、立ちたくなるカラダになってますよ。コツコツ、ゆっくり頑張りましょう。

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました