【新サービス】DeFi「ApeSwap」のレンディング使ってみた。【借金しても稼げる】

BSC

 

こんにちは、さいとうです。

 

今回は、DeFi「ApeSwap」が新しく始めたレンディング機能をレビューします。

 

 

貸し付けるのはもちろん、借り入れてもお金が増える、一瞬「どゆこと?」と思うようなレンディング機能です。

まだ日本語の解説記事がほとんど存在しない中、特徴〜オススメの使い方などを「 最速 」でレビューします。

 

本記事を参考にしておけば、いち早く「ApeSwap」に貸付できますよ!

 

■ApeSwapとは?

ApeSwapは、バイナンス提供のブロックチェーン「BSC」上で動くDeFiプロジェクトです。

 

DeFi「ApeSwap」では、仮想通貨の「銀行」のような役目を持っていて、

・通貨同士の交換する →スワップ(Swap)

・自分が銀行になる →ファーミング(Farming)

・運営に貢献する →ステーキング(Staking)

といった3つの役目があります。

 

BSCといえば、DeFi「PancakeSwap」がメジャーですが、それと同じ機能を持っています。

→実際さわってわかった!PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴〜稼ぐまで徹底解説

 

ここに2月8日〜新たに仮想通貨の貸し借りできる「レンディング」の機能が追加されました!

 

■新サービスをレビュー!

 

それでは、実際にApeSwapを使って感じたことをレビューしていきます。

ここまで早く触ってる方は、おそらくいないので参考にしてみてください。

 

もし先に使い方を知っておきたい方は、「使い方を8ステップ解説!」までどうぞ!

 

ーーここは注意!

 

まずApeSwapを使う注意点としては、、、

・ハッキングされやすい

・年利はすぐ落ちる?

・不安定な「BANANA」の価値

 

ハッキングされやすい

 

DeFiにはもちろん、リスクがあります。

 

特に「レンディング」においては、預け入れるだけで利回りが入るカンタンない仕組みなので、ハッキングされやすいです。

先日、同じBSC上で動くレンディング「Qubit」でも8,000万ドル規模のハッキング被害がありました。

 

 

ApeSwapも例外でないので、リスクを承知の上で「余裕資金」でやりましょう。

 

年利はすぐ落ちる?

 

この利回りが、長く続かない可能性もあります。その証拠にローンチから少し経ち、利回りが多少下がっています。

 

🔽ローンチ後すぐ

🔽ローンチ後しばらく

 

「BANANA」トークンの循環が良くなる仕組みで、報酬が高いですが、BANANAの人気がなくなったり、ユーザーが少ないと利回りも上がりません。

ApeSwapに需要がなければ、この利回りも落ちていく可能性もあるんですね。

 

不安定な「BANANA」の価値

 

またネイティブトークンの「BANANA」の価値は、ApeSwap始まってすぐは上昇していますが、そこから低迷しています。

 

※2/9時点

BANANAの価値が落ちれば、当然増やしたい人も減ります。すると、ApeSwap自体の人気が落ちる可能性もあるでしょう。

 

それでも、もしやってみたいなという方は、「余剰資金」の範囲内でやることをオススメします。

 

ーー爆発的な人気!

 

そんなリスクがありつつも、ApeSwapはかなりの人気で盛り上がっています。

 

理由としては、、、

・テスト版で成功も収めた

・貸し借りどちらでも稼げる

・分かりやすく使いやすい

 

開始から12時間で、TVL 2,000万ドル

 

サービス開始から12時間ほどで、2,000万ドルほどが預けられていて、かなりの人気です。

 

 

すでにテスト版を去年2021年11月から試していて、

・151カ国のユーザーが利用
・月間アクティブユーザー5,000人獲得
・3,500万ドル以上が預け入れされた

といった人気がありました。

 

今回の正式リリースは、すでに楽しみに待っているユーザーがいたんですね。

 

貸し借り合わせて、年20%!

 

人気の理由の1つとして、貸し手も借りてもお金が増えること。

 

実際に、ぼくも貸し借りどちらもやってみました。

 

貸し借りどちらもして、年利20%で増えます。

 

金利 = BANANA報酬 – 金」がプラスなら、借金しても稼げるDeFiなんです!

 

 

分かりやすく使いやすい

 

メジャーな通貨のみ扱っていて、どれを預けよう…と迷わず使えるところも推しポイントです。

 

 

同じBSC上のレンディング「Venus」とかだと、「結局どれがいいの?」と悩むんです。

 

こういった「ユーザーを迷わせない」といった使いやすさも、ポイントです。

 

■使い方を8ステップ解説!

 

それでは、ApeSwapの使い方を見ていきましょう。

 

ApeSwapを使う手順は、以下の通りになります。

 

1. 国内取引所で、ビットコイン買う

 

まず、国内取引所でビットコインを購入しましょう。

 

まだビットコイン買ったことないよ!という方は、→【3ステップで完了】ビットコインおすすめの買い方を参考にしてみてください。

 

\ ビットコインを買う /

【3ステップで完了】ビットコインおすすめの買い方
こんにちは、さいとうです。 ・ビットコイン買い方むずかしそう... ・取引所はどこ選べばいい? ・オススメの買い方は? こういった方向けです。 結論として、ビットコイン購入はスマ...

 

2. バイナンスに、ビットコイン送る

 

国内取引所でビットコインが買えたら、バイナンスに送っていきましょう。

 

やり方不安だなという方は、ビットフライヤーバイナンス|失敗しない送金【3ステップで紹介】で解説してますので、参考にしてみてください。

 

\ バイナンスにビットコイン送る /

ビットフライヤー→バイナンス|失敗しない送金【3ステップで紹介】
こんにちは、さいとうです。 ・国内→バイナンスに、ビットコイン送りたい ・でも失敗したくない、、、 ・DeFiの運用始めたい という方向けになります。 「送金...

 

3. ビットコインを、BNBに変える

 

バイナンスに送金できたら、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を「バイナンスコイン(BNB)」に変えていきましょう。

 

ApeSwapでは、ガス代としてBNBを使うので用意しておくといいですよ!

 

BTCをBNBに変える方法は、→【やり方3ステップ解説】バイナンスで仮想通貨投資を始める方法。で解説してますので、参考にしてみてください。

 

\ バイナンスでBNBをゲットする /

【やり方3ステップ解説】バイナンスで仮想通貨投資を始める方法。
こんにちは、さいとうです。 ・ビットコインは持ってる ・ビットコインをDeFiで運用したい、、、 ・バイナンスで銘柄買いたい といった方向けに、バイナンスでビットコインを他の通貨(BNBやAV...

 

4. メタマスクの準備

5. メタマスクに、BNBを送る

 

ウォレットを準備して、バイナンスからお金を送りましょう。

 

ウォレットは、デジタル上のサービスとお金が入れられる「財布」の役割をしてくれます!もしウォレットが既にある人は飛ばしちゃってください

 

メタマスクの準備〜送金までは、→バイナンス→メタマスク失敗しない送金【BNBとAVAX送る】をどうぞ!

 

\ ウォレットに送金する /

バイナンス→メタマスク失敗しない送金【BNBとAVAX送る】
こんにちは、さいとうです。 ・バイナンスで、BNBやAVAX持ってる ・DeFiで運用してみたい ・CAKEやJOE稼ぎたい ・メタマスク使うのむずかしそう、、、 こういったお悩みにお答...

 

送金完了すれば、ウォレットに反映されますよ!

 

6. メタマスクとApeSwapをつなぐ

 

Ola Lending Networks
Lending solutions for DeFi protocols

 

▶︎「Connect」→「メタマスク

▶︎「次へ」→「接続」

 

7. ApeSwapに、仮想通貨を貸し付ける

無事、ApeSwapとつながったので「レンディング」を使っていきましょう。

 

預入したい通貨は、この「Trade」から交換しておきましょう!

 

▶︎通貨選ぶ

▶︎「Approve(承認)」→「Supply(預入)

 

この時ガス代は、70円くらいかかりました。

これで「利回り」+「BANANA」の報酬が入ってきます。

 

8. ApeSwapから、仮想通貨借り入れる

これは貸した仮想通貨を担保にして、仮想通貨を借りるといったモノです。なので、担保にした仮想通貨の価値の変動で「精算リスク」があります。

 

ぼくは担保にする通貨を、変動の少ない「ステーブルコイン」を選びリスクを減らしました!

 

▶︎「Collateral(担保)」をON

▶︎承認

▶︎「Borrow

 

貸した仮想通貨の「75%」まで借りられます!

貸す・借りるどちらも完了しました。

 

✔︎「精算リスク」は要チェック!

もしアルトコインで貸し借りしてる方は、「Liquidation Limit」に気をつけましょう。

 

✔︎報酬は?

BANANA報酬は、以下で確認できます。

 

■オススメの使い方は?

・ApeSwapにて2/8〜始まった新サービス

・年利が落ちたり、ハッキングされやすい

・すでに2,000万ドル以上が預入される

・貸すのはもちろん、借りても稼げるレンディング

・わかりやすく、初心者でも使いやすい

ApeSwapの使い方としては、、、

「ステーブルコインでリスク少なく」

といった使い方がいいかなと思います。

ステーブルコイン(USDCやUSDC)を貸すだけで「年10%」が増えるのは、普通に魅了的です。また、価値の変動が少なく「保有手段」としても優秀です。

せっかくステーブルコイン持ってるなら、少しでも高い年利で増やしておこうといってApeSwapはアリかなと。

 

まだまだ新しく、他のプロジェクトよりも高い年利でレンディングできるので、「余裕資金」の範囲内で興味ある方はぜひ使っておきましょう!

 

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました