【初心者向け】イーサキラーAvalanche(アバランチ)を専門用語なしでカンタン解説!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
アバランチ

 

こんにちは、さいとうです。

 

  • Avalanche(アバランチ)ってなに?
  • なんで注目されてるの?
  • 実際使っていくには?

 

‘イーサキラー’と呼ばれる「Avalenche(アバランチ)」ですが、気になって調べてみても、横文字ばっかでイマイチ特徴や使い方がわかんないですよね。。

 

そんな方向けに、ここでは極力むずかしい言葉なしで、次世代チェーン「Avalenche(アバランチ)」を解説します!

 

ぶっちゃけ、これから仮想通貨をさわっていくなら、ここまで話題になってるチェーンを知っておかないのは、モッタイナイですよ!

 

概要・特徴・使い方なんかを

実際のユーザーとして見ていきますね!

 

とはいえ、まだまだ情報も少なく、調べ始めても「専門用語ばかり…」と調べるのを挫折してしまった方もいるはず。

実際に1年ほど、Avalancheをガッツリ使ってきた身として、明日から人に話せるくらいまでAvalancheを理解できるよう解説していきます!

 

 

 

■ Avalanche(アバランチ)=イーサキラー

 

それではまず、Avalanche(アバランチ)の概要を見ていきましょう。

 

  • Avalanche=イーサキラーと呼ばれるブロックチェーン
  • Avalenche上で主に使われる仮想通貨は「AVAX」
  • すでに多くのサービスがAvalancheで動く

 

 

Avalanche=イーサキラー

 

まず、Avalenche=イーサキラーと呼ばれます。

 

その一つに、チェーン内の預かり資産がTOP5に入っています。つまり、イーサリアムを追いかけるみんなよく使う超メジャーなブロックチェーンなんです。

 

 

これだけ多くのブロックチェーンが存在するのも驚きですが、その中でも頭角を表しているのが、イーサキラー=Avalancheなんです。

 

 

仮想通貨は「AVAX」

 

Avalenche(アバランチ)上で使われる仮想通貨は、主に「AVAX」となります。誕生から1年でAVAX価値は、最大20倍まで成長していて、期待のコインでもあります。

 

 

Avalanche=ブロックチェーンの一種。なので、インターネット上でアプリやお金を動かすための「基盤=インフラ」のようなものです。

 

AVAX=インフラ上で使われる「通行証」

といったイメージで捉えればOKです!

 

なので今後、Avalenche利用が伸びるほど、AVAX価値の上昇も見込まれますね。

 

AVAX購入は、→【やり方3ステップ解説】バイナンスで仮想通貨投資を始める方法。 を参考にどうぞ!

 

 

多くのDeFiやNFTサービス!

 

先ほど述べたようにAvalanche=インフラなので、その上では現在も多くのサービスが動いています。

 

金融、保険、音楽…など、サービス構築にAvalencheは欠かせない存在となっています。

 

たとえば、保険サービスがAvalancheチェーンを使って、動いていたりします。

 

また主なのは、「DeFi(=分散型金融)」や「NFT(=Non Fungible Token)」の分野。

 

「DeFi=仲介役いらずで動く金融」とかだと、すでに200を超えるサービスが、Avalenche上に作られていて、そこにお金を預けるだけでお金が増やせるようになっています。

 

AvalencheのDeFiだと、

Trader JOEやBENQIとかが有名です!

【迷ったらコレ!】AVAX系DeFi「Trader JOE(トレーダージョー)」入門【ヘビーユーザーが解説】
こんにちは、さいとうです。 AvalancheチェーンのDeFiさわりたい。 複雑なのはいやだ、、、 初心者向けのDeFiない? こういった方向けです。 ...

 

 

■ Avalancheの強み

 

ただこんなに多くのチェーンがあるのに、「なんでそんなに注目されるの?」と思う方もいるはず。なのでここでは、Avalancheの強みを見ていきます。

 

Avalancheの強みとしては、以下の通りかなと。

  • 安く使えてサクサク動く!
  • 分散的に動く!
  • イーサとも相性いい

 

 

安い・速い!

 

まずAvalancheは、「処理が速い」「ガス代が安い」という特徴があります。

 

速さだと、

  • ビットコイン→毎秒7処理
  • イーサリアム→毎秒15処理
  • アバランチ→毎秒4,000〜6,000処理

といわれVisaクレジットカード並みに速く、

 

ガス代(通行手数料)も、イーサリアムより格段に安いんです。

 

 

その秘密は、処置データを限定&役割分担して処理しているから。

 

 

データを軽くする

 

ブロック毎に持つデータを減らすことで、処理を速くしています。

 

通常、イーサリアムなどのブロックチェーンは、決済や取引の情報をブロックに記録して、それを持ったままつなげていきます。つまり、データの「上書き保存」をしています。

 

正しい情報がつながっていく一方、データ量が増えどんどん処理が遅くなります。

 

Avalancheなら、

必要最低限の情報のみ処理して

処理を速くしています。

 

 

チェーン毎に役割分担

 

またAvalancheは、「取引・契約・ネットワーク」とチェーンを3つに分けて、素早い処理を可能にします。

 

道路でたとえると、道を「高速・一般・脇道」のように分けて、混雑が起きないようにしています。

 

・X(エクスチェンジ)チェーン
→取引担当
・C(コントラクト)チェーン
→契約担当
・P(プラットホーム)チェーン
→ネットワーク担当

 

チェーン毎にタスクを分け

速い取引を実現しています。

 

格段に安いガス代!

 

また、イーサリアムなどに比べ、ガス代が安いというのも特徴です。つまり、サービスをお手頃に利用できるんです!

 

  • イーサリアム→1取引あたり数千円
  • アバランチ→1取引あたり数百円

※混雑などで変化あり

 

お財布に優しいのも、

人気の理由ですね!

 

 

分散的に動く!

 

「分散的」に動くのも、Avalancheの大きな特徴です。

 

つまり、どこかに運営を左右されることなく、全てコードで動いてくれます。

 

たとえば、バイナンススマートチェーン(BSC)は「速い・安い」と注目されるブロックチェーンですが、あくまで取引所「バイナンス」が提供するので、「半分散的」といえます

 

 

一方Avalancheは、どこかに頼ることなくコードで動くため、分散したネットワークになります。

 

 

イーサリアムとも仲良し?

 

Avalancheは、他のチェーンとも相性がいいのも特徴です。

 

通常ブロックチェーンは、それぞれが独立して動いているので、互換性が悪く拡張性がないという問題があります。(インターオペラビリティ問題)

 

そこでAvalanche上では、イーサリアムチェーンと相性良く作られていて(EVM互換性高い)、Avalanche上でもイーサリアム上のアプリなどが扱えるようにしてあります。

 

自他ともにメリットのある運用

Avalancheでできます!

 

 

 

■ Avalenche利用ガイド

 

ここまでは、Avalancheの概要・特徴を見てきました。ここからは、「実際どう使っていくのか?」を見ていきましょう。

 

 

※重要⚠️

Avalancheのサービスを使っていくには、ウォレット(お財布)に仮想通貨(AVAXなど)を入れておく必要があります。なので、以下3ステップは必ず踏んでおきましょう。

① 無料で取引所開く(国内外どちらも)
② 仮想通貨ゲットする
③ 取引所→ウォレットに送金する

 

コチラ→【初心者向け】DeFi始め方ガイド【これで準備OK!】からやり方を詳しく学べますので、参考にどうぞ!

【初心者向け】DeFi始め方ガイド【これで準備OK!】
こんにちは、さいとうです。 DeFiさわってみたい! けど、なに準備したらいいの? 失敗せず運用スタートしていきたいな... こういった方向けです。 ...

 

 

上記を済ませておくと、

いつでもAvalanche上の

DeFiやNFTサービス利用をスタートできます!

 

 

 

■ Avalancheは期待チェーン!

 

今回は、イーサキラーと呼ばれる次世代チェーン「Avalanche(アバランチ)」を見てきました。

ここを知っておくだけで、仮想通貨“脱初心者”できます!

 

Avalancheは新参者ですが、今後もまだまだ成長に期待のチェーンです。

 

ぼくも1年前に目をつけて、Avalancheの成長をこの目で見てきました。ぶっちゃけ、このチェーン使ってしまうと、もう他に浮気できないほど優秀だと感じています。

 

今のうちに抑えておいて、

先行者優位とっていきましょ!

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました