実際さわってわかった!PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴〜稼ぐまで徹底解説

BSC

 

こんにちは、さいとうです。

 

 ・PancakeSwapって?

・お金入れてみたい

・パンケーキ焼きたい

といった方向けです。

 

結論として、初めてDeFiを触っていくなら「PancakeSwap」はかなりオススメです。

なぜなら、解説記事も多かったり、日本語対応していたり、初心者ファーストな仕様だからです。

 

本記事では、以下の内容を解説していきます。

■ パンケーキスワップとは?

■ パンケーキスワップで稼ぐ方法

■ パンケーキスワップで注意すべきこと

 

実際に使ってみて「ここむずかしかった」「ここ気をつけた方がいい!」なども含め、解説していきます。

この記事を読めば、あなたもPancakeSwapを使ってCAKEを焼くまで、DeFiで「利回り収入」が得られるようになります。

 

■パンケーキスワップとは?

・DeFi上のDEX(分散型取引所)の1つ

・バイナンス提供のチェーンを使い、手数料が安い

・主に、通貨同士の交換に使われる(=スワップ)

・流動性提供+「CAKE」が報酬として入る(=ファーミング)

・CAKEトークンを再度投資できる(=ステーキング)

ーースタート1年で、約18倍まで成長中!

PancakeSwapは、2020年9月にサービス開始して、1年ほどで価値が約18倍ほどほど伸びているDeFiプロジェクト。

10月現在ですと、4,000億円ほどのお金が入っていて、1日300億円ほどのお金が取引される巨大なサービスです。

 

ーー主に3つの役割!

 

PancakeSwapでできることとしては、以下の3つになります。

 

通貨の交換(スワップ)

 

まずDEX(分散型取引所)の1つで、通貨同士の交換「Swap」に使われます。

 

BNB ⇄ Cakeなど通貨同士の交換ができますよ!

 

 

 

自分が銀行になる(ファーミング)

 

「Farming」というもので、あなたが融資をしてその利用料を得る方法です。

 

PancakeSwapのユーザーが、資金のやり取りができるようにお金を提供することで、LP(=Liquid Provider)報酬がもらえるんです(ファーミング)。BNBとCAKEを提供したら、BNB-CAKE LPがもらえるといったカタチですね。

さらにPancakeSwapでは、LPを提供するとその報酬として「CAKE」トークンがもらえます。これが流動性マイニングです。

 

このダブル収入で、選ぶ銘柄によっては利回り500%とかも。

 

自分が銀行になった報酬+CAKEがもらえるのが、PancakeSwapの大きな特徴です。

 

ネットワークに貢献する(ステーキング)

 

「Staking」というもので、Farming して得られたCAKEトークンを、再度投資できます。

つまり、CAKEを焼いて利回りを得ることができます。

 

 

仮に、PancakeSwapが大きくなりCAKEトークン価値も上がるので、そのリターンも望めます。

つまりネットワークに貢献した対価として利益を得るのが、Stakingです。

 

ーー特徴は、「安い・ラク・使いやすい」

 

・手数料が安い

・日本語対応で使いやすい

・入金したら、基本放置でOK

といった点が特徴です。

 

手数料が安い

 

PancakeSwapは、他のサービス(UniSwapやSushiswap)に比べ、取引手数料が安いのが特徴です。

これは、バイナンスの提供するBSC(バイナンス・スマート・チェーン)というブロックチェーンを使っているから。

 

多くのDeFiサービスは、ETH(イーサリアム)を使うことが多いのでガス代などが高いなども問題も。初期費用が高いと、初心者はとっつきづらいですよね、、、。

 

しかしBSCなら、この手数料を安く抑えられます。

例)取引1回分

UniSwap→100円〜数千円ほど
PancakeSwap→数十円ほど

 

かなりの差ですね、、、。

 

安くDeFiを利用できるのは、PancakeSwapの特徴です。

 

日本語対応で使いやすい

 

基本「英語」が多いDeFiですが、PancakeSwapは日本語に対応していて、かなり使いやすいというのもあります。

 

なんと、、、日本人に優しい設計!!

しかし、使う機能によっては、割と英語の方が分かりやすい場合もあるので、場面によって使い分けるといいかもです。

 

入金したら放置でOK!

 

PancakeSwapは運用が自動なので、入金したら特に触ることはなく放置OKです。

 

これはAMM(自動マーケットメーカー)方式といって、取引ルールをアルゴリズムで管理してくれるからです。

AMM方式であることで、取引が自動・早くできるようになります。

 

■稼ぐ方法はこの10ステップ!

 

ここから、具体的にどうやってお金を入れて稼いでいくか話していきます。

 

テキスト+画像で、よく見ながら進めてください!間違えると、お金を失う可能性があります。また、パソコンでの操作をオススメします。

 

ーーCAKEもらって、CAKE焼くまで

 

 

1. 国内取引所で、ビットコイン買う

 

まず、国内取引所でビットコインを購入しましょう。

 

まだビットコイン買ったことないよ!という方は、→【3ステップで完了】ビットコインおすすめの買い方を参考にしてみてください。

 

\ ビットコインを買う /

【3ステップで完了】ビットコインおすすめの買い方
こんにちは、さいとうです。 ・ビットコイン買い方むずかしそう... ・取引所はどこ選べばいい? ・オススメの買い方は? こういった方向けです。 結論として、ビットコイン購入はスマ...

 

2. 海外取引所に、ビットコイン送る

 

国内取引所でビットコインが買えたら、バイナンスに送っていきましょう。

 

やり方不安だなという方は→ビットフライヤー→バイナンス|失敗しない送金【3ステップで紹介】をどうぞ。

 

\ やり方をチェックする /

ビットフライヤー→バイナンス|失敗しない送金【3ステップで紹介】
こんにちは、さいとうです。 ・国内→バイナンスに、ビットコイン送りたい ・でも失敗したくない、、、 ・DeFiの運用始めたい という方向けになります。 「送金...

 

3. ビットコインをバイナンスコインに変換

 

バイナンスにビットコインを送れたら、ビットコイン(BTC)→バイナンスコイン(BNB)に変換していきます。

 

この後「メタマスクへの送金」はBTCのままでもできますが、どのみちガス代でBNBを使うので、準備しておくといいですよ!

 

BTCをBNBに変える方法は、→【やり方3ステップ解説】バイナンスで仮想通貨投資を始める方法。で解説してますので、参考にしてみてください。

 

\ バイナンスでBNBをゲットする /

【やり方3ステップ解説】バイナンスで仮想通貨投資を始める方法。
こんにちは、さいとうです。 ・ビットコインは持ってる ・ビットコインをDeFiで運用したい、、、 ・バイナンスで銘柄買いたい といった方向けに、バイナンスでビットコインを他の通貨(BNBやAV...

 

4. ウォレット(MetaMask)の準備

 

ウォレットは、PancakeSwapにお金が入れられる「財布」の役割をしてくれますよ。

 

5. ウォレットに、バイナンスコイン送る

 

・メタマスクの準備
・メタマスクへの送金

→バイナンス→メタマスク失敗しない送金【BNBとAVAX送る】でまとめて開設してますので、参考にどうぞ。

 

\ BNBを送る /

バイナンス→メタマスク失敗しない送金【BNBとAVAX送る】
こんにちは、さいとうです。 ・バイナンスで、BNBやAVAX持ってる ・DeFiで運用してみたい ・CAKEやJOE稼ぎたい ・メタマスク使うのむずかしそう、、、 こういったお悩みにお答...

 

ここまでくれば、PancakeSwapを使って稼ぎ始められます!

 

6. ウォレットとPancakeSwap接続

 

PancakeSwap
Cheaper and faster than Uniswap? Discover PancakeSwap, the leading DEX on Binance Smart Chain (BSC) with the best farms in DeFi and a lottery for CAKE.

 

MetaMask(財布)をPancakeSwapとつないでいきます。

 

▶︎BSCであることを確認

▶︎「Connect Wallet」→「MetaMask

 

 

MetaMask側でも、承認して接続できました。

 

7. PancakeSwapで通貨交換

 

預けていく通貨に、交換していきます。

今回は、BNBとCAKEのペアで流動性を提供するので、BNBの一部をCAKEに交換します。

 

ここで気を付けて欲しいのは、「なんのコインを預けるか?」です。以下ブログで、失敗しないDeFi運用について解説してますので、ぜひご覧くださいませ。

→半年さわって気づいた!DeFi初心者がやりがちなミスとは。

 

▶︎「Trade」→「Exchange

▶︎「From→BNB」「To→CAKE」→金額

▶︎「Swap」→「Confirm Swap」→「手数料確認」→「承認

MetaMaskにCAKEが反映されていれば、PancakeSwapに入金完了です。

 

8. PancakeSwapに流動性提供(ファーミング)

 

次に、交換した通貨ペアで「流動性」を提供して、LP(Liquid Provider)報酬をもらっていきましょう。

 

▶︎「Trade」→「Liquidity」→「Add Liquidity」

▶︎金額を入力し、「Enable CAKE

▶︎手数料確認をし、「Confirm Supply

完了です。

 

9. LP提供してCAKEもらう(流動性マイニング)

 

もらえたLPを預けて、CAKEをもらっていきます。まず、LPを入れるプールを「有効化」していきます。

 

これをやらないと「CAKE」がもらえないので、注意です!

 

▶︎「Earn」→「Farms

▶︎「CAKE/BNB」→「Enable

すると再度、手数料確認がきますので承認。

 

有効化できたので、LPを預けてCAKEをもらっていきます。

 

▶︎「Stake LP」→「confirm」→「手数料確認」LPをプールへ

 

完了です。これで、「LP報酬+CAKE報酬」がもらえるようになりました。

報酬は、以下から確認できます。

 


LPの増減は、「+ー」で。
CAKEを回収する場合は、「Harvest」で。

 

10. もらったCAKEを焼く(ステーキング)

 

いよいよ最後に、CAKEを焼きます!

▶︎「Pool」→「Enable
※自動で再投資してくれる、「AutoCAKE」がオススメです

▶︎「」ボタンで、預けるCAKE量設定

▶︎「Confirm」で完了です。

 

増えたCAKEは、以下で確認できますよ。

以上です。CAKE回収は、「collect」からできます。

 

ここまで、お疲れ様でした!!

 

ここまでPancakeSwapを使った稼ぎ方について話してきました。

 

もちろん、リスクがあり入金に手間がかかりますが、正しく使えば銀行の10,000倍ほどの利回り収入が得られます。

正しく使って、効率よくCAKEを焼いて稼ぎましょう!

 

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました