【失敗談】投資で稼げなかった頃にやっていたこと3選

お金

 

こんにちは、さいとうです。

 

・投資でお金を増やしたい。

・けど、失敗はしたくない、、、

こういったこと考えていませんか?

 

ぶっちゃけ投資「だけで」お金を増やそうとするのは、やめた方がいいですよ。

 

なぜなら、あくまで投資は1個の「ツール」。

それだけで稼ごうとすると、メンタル・時間・お金をどんどん消耗していくんです。

 

本記事では、以下の内容を見ていきます。

■ 投資で稼げなかった頃にやっていたこと3選

■ 消耗しないためにやるべき事

■ まとめ

 

ぼく自身、投資歴は6年目(22年5月現在)。

過去に投資で稼ごうとして、メンタル・時間・お金をガッツリ消耗しました、、、

 

 

本記事では、過去に消耗した体験談を元に、この頃自分がやっていて「失敗したな、、、」と思うことを3つシェアしていきます。

もちろん、絶対勝てる投資はありせまん。ですが、絶対やるべきでない投資はあります。

 

本記事を読んでおくと、投資で失敗するリスクをグッと下げられますよ。

 

それでは、いってみましょう!

 

■ 投資で稼げなかった頃にやっていたこと3選

 

投資で稼げなかった頃にやっていた失敗は、以下の3つになります。

・投資だけで増やそうとする

・チャート値動きに注目する

・成長してない市場にベットする

 

この失敗に気がついたおかげで、投資との向き合い方が大分変わりましたよ!

 

ーー投資だけで増やそうとする

 

まず、「投資だけで増やそうとしていた」というのが1つ目の失敗です。

 

なぜなら、リターン求めリスクを考えない投資をやっていたからです。

 

元手がない状態で投資をやると、増やしたい!という気持ちが強くなりやすい。

増やすためには取るリスクも大きくなり、結果お金なくなってました。

 

結局、投資だけで-200万円の負債を作りました、、、

 

投資「だけで」増やそうとするのは、マジで消耗するのでNGです。

 

ーーチャートの値動きに注目する

 

2つ目は、チャート分析したりして「トレード稼ごうとしていた」ことが失敗です。

 

もちろん、チャート分析が楽しかったり学びがあると思う方は全然やってOK

 

ですが過去のぼくは、

「お金」のために、
「時間」を削る。

といった本末転倒なことをしていました。

 

ぶっちゃけトレードをすれば、センスや運で「お金」に増えるかもしれません。

しかしそれと引き換えに、「時間」を失っていたんです。

 

過去のぼくは、チャート分析やトレード日記つけたりと、ほんとムダな時間を過ごしていたと思います。

 

バカですよね、、、

 

無限にある「お金」と引き換えに、有限な「時間」を失うのはやめましょう。

 

ーー成長していない市場にベットする

 

最後に、「成長があまり期待できない市場にベットしていた」というのも失敗だったかなと。

つまり、お金「しか」増やそうとしていなかったことです。

 

過去のぼく自身、「日経225先物」という投資に手を出していました。

賛否はありますが、日本は「衰退産業」。そこにベットしていたということになります。

 

お金が増えれば、別途する市場は何でもいいと考えちゃってたんですね。

 

結局、-200万円の損失を抱えました、、、

 

せっかく投資をするなら、「お金」と「ワクワク」どちらも増やせるモノを考えましょう。

 

■ 消耗しないためにやるべき事

 

では、、、

過去のぼくのように消耗しないためには、どうすればよいか?

 

結論として、「消耗しない投資」は以下の3つを満たすことがポイントだと思います。

・投資に回す収入作る

・ほったらかしOKなモノ

・コツコツ成長市場にベットできる

 

つまり、、、

キャッシュフローがあり、
手間をかけることなく、
ワクワクしている。

 

ここをポイントに投資をすることが重要かなと。

 

ーー別の収入を作れ!

 

まず投資でお金を増やしていくなら、別で「運用資金」を作っていきましょう。

 

もし月1万円でも、投資に回せるお金があったら、、、と思ったことありませんか?

 

少しでも余裕があることで、「リスク調整」しながら資産が作れます。

そのためにぼく自身は、「ブログ」で稼ぎつつ、運用資金に回しています。

 

ブログだけで、70万円ほど稼げました!

 

とはいえ、下記のように思う方もいるはず。

・ブログはオワコン。

・自分には、稼げない。

・そもそもどうやって稼ぐの?

 

こういった方向けに、下記ブログでまずは月1万円稼ぐロードマップを共有してますので、イメージだけでもつかんでみるといいですよ。

 

→DeFiで増えない!DeFiブログで1万円稼ぐロードマップ【5ステップ解説】

【半年で80万円超】DeFiブログで1万円を稼ぐロードマップ【5ステップ解説】
こんにちは、さいとうです。 ・投資に充てる余裕資金作りたい。 ・仮想通貨ブログって、今から稼げるの? ・稼ぎやすいジャンル選びたい。 ・始め方も分かりやすく説明して...

 

ーートレードで稼ごうとするな!

 

次に、「トレードして増やさない」ことを意識するといいですよ。

なぜなら、トレードをしないことで、値動きに時間やメンタルを消耗しづらいからです。

 

もちろん、勉強としてトレードを学ぶのは全然OK。

ですが、お金を増やしたいからという理由だけでは、トレードしないようにしましょう。

 

とはいえ、「なにで増やすの?」という方もいるはず。

 

そこでぼくは、仮想通貨の「ビットコイン積み立て」をしています。

 

高い時も安い時もコツコツ淡々と積み立てることで、メンタルを消耗せず資産を作っていけるからです。

また、ほったらかしOKで手間をかけず運用できるので、めちゃくちゃラクなんです。

 

ビットコインは、、、

現在、インターネット初期のユーザー数と並んでいたり、

 

今後2〜3年で10億人が持つとも言われ、期待値高めです。

 

下記では、ビットコイン積み立ての始め方を「実績付き」で解説してますので、気になる方はご覧くださいませ。

 

→【10分で完了】ビットコイン積み立てを3ステップ解説!【オススメ取引所も紹介】

【10分で完了】ビットコイン積み立てを3ステップ解説!【オススメ取引所も紹介】
こんにちは、さいとうです。  ・ビットコイン積み立てしたい ・どこの取引所がベスト? ・積み立ての始め方知りたい こういった方向けです。 結論として、ビットコ...

 

価格が上がったり、下がったり、、、コントロールできないモノに消耗する必要なしです!

 

ーー成長市場にベットしろ!

 

最後に、投資するなら「成長している市場」にベットしていきましょう。

未来にワクワクしつつ、リターンも狙っていけるからです。

 

ぼく自身そこを考えて、「仮想通貨」にベットしていて、それを仮想通貨の銀行「DeFi」で増やしています。

 

「DeFi」は2017年に立ち上がり、世界中から約30兆円ほどのお金が預けられている市場。

 

成長の理由は、なんといってもその稼ぎやすさ。

 

ほったらかしで「年20〜30%」ほどで増えていくので、めちゃくちゃラクなんです。

 

「初耳!」という方もいると思うので、下記ブログでDeFiを使ってお金を増やす方法を解説してます。

気になる方は、ぜひご覧くださいませ。

 

→【無料公開】「年20〜30%」でお金を増やすロードマップ【実証済み】

【無料公開】「年20〜30%」でお金を増やすロードマップ【実証済み】
こんにちは、さいとうです。 ・FXや日経225でトレードしてる ・値動き追ったり、チャート分析疲れた、、、 ・もっとほったらかしにしたい ・けど、利益も出したい。 こんな悩みあり...

 

消耗しないために、成長市場にベットしていきましょう!

 

■ まとめ

 

今回は、投資で稼げなかった頃にやっていたこと3つ話していきました。

 

投資で失敗しないためには、

月1万円でも資金を作りつつ、
ほったらかしながら、
ワクワクする投資。

 

ぶっちゃけ、ここを意識しておくだけで、投資で失敗する可能性がグッと減りますよ。

 

なのでぼく自身は、

ブログで資金を作りつつ、
仮想通貨にワクワクしつつ、
DeFiでほったらかし運用する。

 

ですが一方で、投資にはまだまだリスクも高い面も。

なのでまず、タダで「身銭を切らない」投資をやっていきましょう。

 

下記ではそんな、タダで現金をもらいつつ、ビットコインが買える方法を解説してます。

成長するビットコインを、ノーリスクで持っていけます。

 

最大3,500円もらいながら、ノーリスクで参入できますよ!

 

→タダでビットコインを買う方法【6/30まで最大3,500円もらえる】

タダでビットコインを買う方法【6/17まで最大13,500円もらえる】
※本記事では、キャンペーン中の内容を詰めて書いてます。 もしすでにキャンペーンが終了していたり、記載の内容が変更になっている可能性もあります。 その場合は、ご了承くださいませ。 こん...

 

確かに投資は、やっておくべきこと。ですが、良くも悪くもお金「しか」生みません。

それぞれが、うまく付き合っていきましょう。

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました