【Avalancheでビットコイン使う!】バイナンス→Core失敗しない送金【3ステップで完了】

AVAX

 

こんにちは、さいとうです。

 

  • AvalancheのDeFi使いたい
  • 持ってるビットコイン手放したくない
  • ビットコインそのままAvalancheチェーンに送れる方法ない?

 

 

Avalancheチェーンにビットコイン(BTC.bとして)を“そのまま”送るなら、、、

Avalancheチェーン開発のAvaLabsから発表のCore」という新ウォレットを使うといいですよ!

 

https://twitter.com/avalancheavax/status/1539609495147581440?s=21&t=E0S4YTWYbYD3F9YL87f0QQ

 

 

コチラを使うと、Avalancheチェーンにビットコイン(BTC.bとして)を“そのまま”送れるようになります。

 

 

BTC.bに対応するDeFi(銀行)も増えてきて、かなり高利回りと注目されてます!

 

※現在はもう少し落ち着いてます

 

 

✔︎本記事の内容

■ 「Core」ウォレットとは?

■ バイナンス→Core失敗しない送金【3ステップで完了】

■ 「BTC.b」の運用法

 

Avalancheのサービスを使えば、眠ってたビットコインを効率的に使えるようになるので、サクッと見ておきましょう。

 

現時点(22年6月)では、解説記事はほとんど存在しないので、ぜひ参考にどうぞ!

 

 

■ 「Core」ウォレットとは?

 

早速、Coreの特徴を見ていきます。

 

https://twitter.com/saito_picknews/status/1539774077560565760?s=21&t=E0S4YTWYbYD3F9YL87f0QQ

 

1番大きいのは、ビットコイン(BTC.bとして)をそのままAvalancheチェーンに乗せられることです。

 

取引所からCoreにビットコインを送り、
Coreを使ってAVAXにブリッジすればOK。

 

ビットコインをブリッジすれば、「BTC.b」としてAVAX上でそのまま使えます。

 

 

今までAvalancheでビットコインを使うには、持ってるコインを一度手放さない(決済する)となりませんでした。

 

Avalanche上でビットコインを使いづらかったんです…

 

Core」なら、せっかく持ってるビットコインを手放すことなく、Avalancheチェーンに乗せられます。

 

 

■ バイナンス→Core失敗しない送金【3ステップで完了】

 

それでは、ビットコインをAvalancheにそのまま乗せるべくCore」ウォレットの使い方を見ていきましょう。

 

手順としては、以下の通り。

 

「BTC.b」を使って、AVAXチェーン上でビットコインを自由に走らせましょう!w

 

ーーAVAXを用意しておこう

 

まず、前提として以下の手順を踏んでおく必要があります。

 

 

AVAXはガス代(通行手数料)として必要なので、まだ持ってない方はコチラを参考にゲットしておきましょう!

 

ーーAvalancheにビットコインを送ろう【3ステップ】

 

上記が済んだら、いよいよCoreで「BTC.b」を用意していきます。

 

① Coreを準備する

 

まず、「Core」ウォレットを用意していきます。

 

メタマスク持ってる方なら、おなじみの作業です!

 

Core
Your all-in-one Web3 operating system for Avalanche

>>Coreをインストール

 

▶︎「Chromeに追加」→「拡張機能を追加

 

▶︎「ウォレットを作る」→「承認

 

▶︎「アカウント登録

 

▶︎「秘密鍵」をメモする

 

「秘密鍵」は命同然!流出厳禁です!

 

該当する項目を選んだら、ウォレット準備完了です!

 

※上記の場合は、秘密鍵の「16,17,24番目」を選択する形でした。

 

 

② バイナンスから送金する

 

Core」が準備できたら、バイナンスからBTCを送っていきましょう。

 

▶︎「アドレスコピー

 

▶︎「アカウント」→「ウォレット」→「フィアットと現物

 

▶︎「BTC」→「出金

 

①「通貨:BTC
②「アドレス貼り付け
③「ネットワーク:BTC Bitcoin
④「金額

 

確認作業を済ませたら、送金完了です。

 

送金までに若干時間かかるときがあるので、気長に待ちましょう!w

 

 

 

③ ブリッジしてBTC.bを用意する

 

最後に、Coreに送ったビットコインを、Avalancheチェーン上に乗せていきましょう。

 

▶︎「Bridge

 

▶︎「Transfer

 

ここは、完了までに“10分ほど”と時間かかりました。

 

以上で、ビットコイン(BTC.b)をAvalancheチェーンに乗せることができました。

 

ついでに、0.1AVAXのエアドロ(給付金)をもらえました!!

 

 

 

 

■ 「BTC.b」運用法

 

ここまでが終われば、「BTC」をそのままAvalancheチェーンに乗せることができました。

 

ゲットした「BTC.b」は、Avalancheチェーン上のDeFi(銀行)で高利回りで運用することができます。

 

中でもオススメは、「Trader JOE」というDeFi。

なぜなら、DeFiの機能がコレ1つで触れて、シンプルに使えるAVAX界の「幕の内弁当」のような感じだからです。

 

今ならここに“AVAX-BTC.b”で預けて、AVAX+JOEがもらえます!

 

 

→【迷ったらコレ!】AVAX系DeFi「Trader JOE(トレーダージョー)」入門【ヘビーユーザーが解説】

【迷ったらコレ!】AVAX系DeFi「Trader JOE(トレーダージョー)」入門【ヘビーユーザーが解説】
こんにちは、さいとうです。 Avalancheにさわりたい。 複雑なのはいやだ、、、 初心者向けのDeFiない? こういった方向けです。 結論とし...

 

 

Avalancheは、急成長する期待のチェーン。

そこでCoreが誕生し、ビットコインホルダーがAvalancheに流れてきやすくなりました。

 

さらなる成長に期待したいですね。

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました