【最新版】5分でわかるレンティング BENQI(QI)の特徴

AVAX

 

こんにちは、さいとうです。

 

今回は、Avalanche初のレンティングプロトコル「BENQI」について解説します。2021年に誕生したばかりの新興プロジェクトなので、この機会にサクッと知っておきましょう。

 

■BENQIとは?

>>公式HP

・Avalancheを使うことで、早く、安いやり取りができる

・預入、借入をするプラットホーム

・21年4月28日〜ガバナンストークン「QI」を提供

・流動性提供、ネットワークに貢献もできる

・Avalancheと他のチェーンの架け橋を目指す
(イーサリアム、ポルカドット、BSC)

ーーAvalanche版Compound

BENQIは、Avalancheのブロックチェーン上で動く、初のレンティングプラットホームです。つまり「仲介」なしで、お金の貸し借りができるようになります。

以上8銘柄を、BENQI上で預入・借入できます。

しかも、Avalancheのブロックチェーン上で動いているので、「安く・速い」という特徴があります。

→【初心者向け】アバランチ(Avalanche)をカンタン解説!今後の仮想通貨とは?

イメージとしては、イーサリアム基盤で動くレンティング「Compound」が、安く・早く使えるようになったカタチですね。

ーー2021年誕生!

BENQIは2021年に誕生し、まだまだ新興プロジェクトです。

しかし、預かり資産ランキングにおいては、13億ドル(約1,500億円)と5位にランクイン。

※Avalancheのみの比較

🔽11/15バイナンスに上場

🔽12/13FTXに上場

 

といったカタチで、かなり勢いがあります。

ーーガバナンストークン「QI」

2021年4月28日に、独自の「QI」というガバナンストークンを発行し始めました。

これによって、BENQIのプロジェクトの決定に投票できたり、口を出すことができます。

さらに、8月19日にはBENQIに対して、流動性を提供して、その報酬として「QI」をもらえるように。

つまりQIは、投票権&報酬としてやり取りされるトークン、といった感じですね。

ーー他のチェーンとの架け橋へ

・イーサリアム
・ポルカドット
バイナンス・スマート・チェーン(BSC)

にもつながるチェーンを目指しているのが、BENQIです。

🔽PancakeSwapに対応

既に、BSCのPancakeSwap上で「QI」トークンを、ステーキング(再投資)できる事例なんかも出てきています。

他のチェーンと、独立するのでなく共存することで、互いに成長していける良さがあります。

 

■まとめ

・2021年誕生のAvalanche初レンティングプロジェクト

・イーサリアム基盤よりも、安く・早く使える

・ガバナンストークン「QI」が流通

・レンティング、ファーミング、ステーキングができる

・他のチェーンにも、「QI」を提供できる
(PancakeSwapでステーキングできる事例など)

といったカタチです。今後、実際に触ってみて、気がついたことなども共有していきます。

 

=====

でも、
「まだDeFi怖い…」
「ビットコインすら買ったことない」
といった方は、まず「仮想通貨を買ってみる」ところからオススメします。

→無料でCoincheckに登録する

→貯金ある人がビットコイン買うべきたった1つの理由

 

できるところからコツコツやっていきましょう。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました