【最大3万円損!】イーサリアムのガス代節約法5選

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
お金

 

こんにちは、さいとうです。

 

あなたは、「ガス代」気にせずDeFi触ろうとしてませんか?

 

→ガス代はコチラで確認できます

 

かなりバラつきありますね。

ガス代は、セキュリティを高めるために重要なものですが、気にしてないと、ふつうに数千〜数万円損しますよ。

まじで、もったいないです。

ぼくも以前に、とあるNFTアートを買ったのですが、本体3,000円に対し、ガス代9,000円ほどかかりました。

本体の3倍は高い…。

 

ここではDeFiやNFTを触る上で気にすべき、
「ガス代の節約法5選」
を紹介します。

ぼくももっと早く知ってれば、もう少し安くNFTが買えました。

ここを読んで、あなたのガス代が、少しでも安くなってくれると幸いです。

 

■知らないと損する「ガス代節約術」

ーー前提として

まず、ガス代の出し方をおさらいしておきましょう。もう知ってるよ!といった方は、飛ばしちゃってください。

▶︎計算式
リミット × ガス単価 = ガス代

でガス代が出せます。

リミットとは、手数料の上限値でGas limit(=wei)で表します。現在は、210,000weiが最大値です。

またガス単価とは、送金時などに設定できる数値で、Gwei(Gas weight)で表します。1Gwei=0.000000001ETHです。

たとえば、

でHigh(106Gwei)を選んだ場合、106Gwei=0.000000106ETHなので、

210,000 × 0.000000106
= 0.02226

1ETH=50万なら、11,130円になります。かなり高いですね…。

→ガス単価を確認する

ーー節約術を5つ紹介!

ガス代は、
・どれくらい混んでいるか?
・どれくらいの速さで処理したいか?
で決まります。

「混んでいる&速い」なら
ガス代は高くなり、
「空いている&遅い」なら
ガス代は安くなります。

それを踏まえた上で、ガス代節約術5選を紹介します。

1.トランザクション整理

まずウォレットのアカウントを、1つにまとめましょう。

アカウント1つ1つにそれぞれガス代をかけていたら、かなり割高になってしまいます。

たとえばアカウント1とアカウント2を持っていて、それぞれ同じプロジェクトに送金する場合。二重でガス代がかかってしまいますね。

一回で送金できるように、アカウントを1つにまとめておきましょう。

2.混雑状況見る

「どの時間が混んでいるか?」
を見ておくのは、重要になります。

空いている時に取引できれば、ガス代を安くすることができます。

→混雑する時間を見る

これによれば、
・平日午後→高い
・休日→安い
とわかりますね。

また、「今どれくらい混んでるか?」も気にしましょう。

→保留中のトランザクション

平日の昼のデータなので、かなり混んでました…。

どれくらい後が詰まってるかが分かれば、タイミングずらして取引しようと、戦略が立てられるでしょう。

高速道路の渋滞を確認してから家を出るように、イーサリアムの混み具合を見てから取引しましょう。

3.処理速度を変える

「どうしても今すぐ取引しなきゃ!」といった場合もあるでしょう。

その場合は、処理速度を「Low〜High」を変えることで、ガス代を節約できます。

→ガス単価を確認する

ここだと
取引に3分かける(Low)と、
取引に30秒だけ(High)で、
1Gweiの差が生まれます。

どれくらい急いでるか?を冷静に考えて、ガス代を節約しましょう。

4.レイヤー2使う

イーサリアムのメインチェーンの混雑を和らげてくれる「脇道」、レイヤー2を使うのも手です。

レイヤー2を使うことで、処理が「安く・速く」なるのがメリットです。

レイヤー2には、
・Polygon(ポリゴン)
・Arbitrum(アービトラム)
・Skale(スケール)
などがあります。

先日「Arbitrum」を使ってみたので、気になる方は下記をご覧くださいませ。

→イーサリアムよりも「安い・早い」Arbitrumへの送金法2選

少し手間はかかりますが、レイヤー2を使って「安く・速く」イーサリアムを使っていきましょう。

5.他チェーンも検討

特にイーサリアムにこだわりがないなら、他のブロックチェーンを使ってみるのも、オススメです。

他のチェーンには、

イーサリアムより格段に処理が速く、「イーサリアムキラー」と呼ばれる「Avalanche」や、

→【初心者向け】アバランチ(Avalanche)をカンタン解説!今後の仮想通貨とは?

大手取引所バイナンスが提供し、手数料が安く使える「バイナンス・スマート・チェーン(BSC)」などがあります。

BSCでは、CAKEを焼いて稼げるPancakeSwapなども、有名ですね。

→【利用事例も紹介!】仮想通貨界の基盤バイナンス・スマート・チェーン(BSC)とは?

→実際さわってわかった!PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴〜稼ぐまで徹底解説

元々イーサリアムだけで動いていたプロジェクトが、他のチェーンに対応してきているのもあって、かなり使いやすくなっています。

無理にイーサリアムに執着しないのも、手としてあるんです。

 

■まとめ

▶︎ガス代節約術5選

1.アカウントを1つに

2.空いてる時間利用

3.処理速度を変更

4.レイヤー2使う

5.他のチェーンも検討

ムダなお金を削って、最大限に稼ぎましょう。

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました